拝啓 初秋の候ますますご繁栄のことと存知お喜び申し上げます。さてこの度の入院、手術以来皆様には大変お世話になりました。これも先生のお力とスタッフの皆様の励ましの賜と心より感謝申し上げております。又、何よりも皆様の明るさと、早い治療に、安い費用で治していただいて本当にお礼の申し様もございません。
 やはり都会には先生のような患者の気持ちを和ませる明るい立派な先生がおられることを知りました。ありがとうございました。これからは体調に留意し皆様にご心配かけないようにがんばってまいります。どうか皆様ご自愛のほどを。先ずは取り急ぎ書中にてお礼申し上げます。 本当にありがとうございました。


【篠原院長より】
結構大きな脱肛の○○さんで、数日間近所のホテルに泊まられ、その後は橋本から元気に時間をかけて通院されました。いつもにこにこ明るく元気な方で、いかにも通院を楽しんでいるかのように見え、何事にも前向きに考える方はいいなーと思った患者さんでした。