先生並びに看護婦さんスタッフの皆様のお蔭で二ヶ月余りで
完治でき本当に有難う御座いました。改めて思うとなぜもっと早く先生に診てもらわなかったのかと自分に反省しています。
痔に悩み始めたのは十五年前の時からでした。時期が中学生の時で恥ずかしさと思春期のこともあり、なかなか言えませんでしたが、両親に言った所、代々痔の気がある家系だと判りました。その時から市販の座薬で一時しのぎをしていましたが、段々酷くなり排便するたびに出血するようになり自分の手に負えない所まできてようやく肛門科に受診しないと駄目だと自覚するようになりました。
けど、一口に肛門科と言ってもどこの肛門科が良いのか素人では判断できません。で、検索サイトで肛門科を検索して先生のホームページを読み患者さんの喜びの声も見て先生にメールで状況を説明して先生が時間が無い中ご親切に返信をくださってやっと受診しました。先生は気さくで安心して相談できて、手術を決める時も患者さんの環境とか状態をみて患者さん自身が決断できるように的確にアドバイスを言ってもらえて手術しました。
術後数日間は辛い時もありましたが日にちが経つごとに良くなりました。辛かったのは術後数日間と自分でお尻をマッサージすることでした。マッサージする時は始め辛かったし、なかなか効果が出てこなかったので、挫けそうになりましたが、徐々に効果が出て排便もスムーズにできて、完治出来ました。
これからは再発しないように先生に言われた事を守り、生活習慣を正していきます。先生、本当に有難う御座いました。

<痔に悩みこのページを見ている方へ>
老若男女問わずに痔の痛みに耐える事は辛いと思いますが、
お世辞抜きで篠原先生は腕も確かですが、患者さんの気持ちを
一番に考えてくれる先生です。痛みを耐えて我慢する時間は無駄な時間ですよ。
迷わずに先生の所に受診することをおすすめします!


【篠原院長より】
遠いところから真面目に通院された明るい好青年でした。手術中、冗談ばかり言いながら楽しかったです。
ほとんどしゃべってるか笑ってるかの手術でしたね。途中○○さんからも心配して、先生真面目に手術してますかと言われたのが忘れられません。実はよく言われるのですが。