先生、大変お世話になり、本当にありがとうございましたm(__)m。看護婦さん、受け付けの皆さん、いつも明るく丁寧に対応して頂き、ありがとうございましたm(__)m。
私も、シアトルに行った方と同じく、ホームページだけに頼って決めました。その要因は、「本院では、この姿勢で処置・手術を行っております。」という横向きの挿絵を見たからです。病院に行くのを一番ためらった理由は、「どんな姿勢で診察するんだろ? どんな姿勢で手術するんだろ?」と思っていたからです。
他に、「明るく、楽しく通院・・・」なんてことが書いてありましたが、「おいおい、痔の手術だぞ、明るく楽しく通院できるわけねーだろ。」なんて思っていました。
それがそれが、これも先生の人柄と、看護婦さん、受け付けの皆さんの笑顔のおかげでしょう。明るく通院することができました。
こんなに、気持ちも体も楽になるなんて、今では、本当に手術してよかったと思います。ありがとうございました。
ここで、先生のことを紹介したいと思います。腕は確かです。趣味は、JAZZ。性格は、何と言っても「明るい!」、とても話のしやすい方です。次に、外見ですが、と~ても、カッコイイ方です。シビレテしまいますよ。顔は丸く、腹は丸く、尻も大きく丸い、ドラエモンのようにカッコイイ方です。(先生、これで、イッパイイッパイです。)
お体に気をつけて頑張って下さい。皆さんにも、宜しくお伝えください。また、機会があれば、演奏を聴かせて下さい。今では、先生の影響で、JAZZを聴き始めています。


【篠原院長より】
JAZZを聴きたいと言うのでCD貸してあげましたね。これで入門編から徐々にJAZZ大好き
人間になってちょうだい。いつかジャズクラブでマニアックな話ができる日を楽しみに待っています。たくさんのドラムスティックありがとう。