思い起こせば中学2年生からいぼ痔で、16歳、20歳、23歳と手術と再発を繰り返していました。

去年の11月に再々再発し、悶絶しながら受診。

顔より綺麗にするぞと言ってもらい、先生にお尻を託しました。

手術はすぐに終わり、術後痛み止めが切れてからは本当に悶絶でした。退院してからは兎に角安静。

排便後は痛みが和らぐのでしょっちゅうお風呂の入っていたので翌月水道局から水漏れしていませんかと

尋ねられたぐらい。笑

2週間ほど経つと、だいぶ痛みがなくなり、1ヶ月後から卒業までのグリグリに悶絶を喰らいました。

ですが、必ず終わりは来ます!

18年ぶりに綺麗なお尻になりましたから。

自分の人生こんなに人にお尻を見せるなんて、、、予想外過ぎましたが本当に篠原肛門科の門を叩いてよかったです。

そして、篠原先生、男前にも関わらず、羞恥心を感じない

これ、肛門科受診には絶対大事なところです!!!

最後になりましたが、いつも優しく応対して下さった美人の看護師、受付の皆さん、本当にありがとうございました。

5度目の手術は流石にないと思います(^_^)          〇 〇 〇 〇