静岡県浜松市在住の私は、今日で術後2ヶ月になります。

篠原先生には本当に本当に、感謝の気持ちでいっぱいです。

妊娠中に切れ痔を悪化させてさしまい、産後には日常生活に支障を来す程の痛みに苦しんでいました。

浜松の病院を受診しましたが、手術に関しては授乳中は手術は出来ないと言われ、軟膏を塗り続けて数ヶ月、

治るどころか辛くなる一方でした。

患者の中には手術を躊躇される方はいると思いますが、私は必要なら手術をして一刻も早く快適な生活を手に

入れたいと思っていました。

その時、ホームページで篠原肛門科を見つけました。

メールで問い合わせをした所、数時間後には先生直々に返信を頂きました。

やっと出会えた!そんな思いでした。

実際に会った先生は、明るくて面白くて、『綺麗にしたる!』とお尻を叩かれ…(笑)

どんより不安な気持ちを抱えての受診でしたが、診察後にはとても前向きな気持ちになりました。


手術中の麻酔も術後の痛みも、今までの痛みを思うと、耐えれました。

2週間は日祝も含め毎日処置に通いました。

手術したら終わりと思っていましたが、2週間は下剤による排便コントロールとお風呂でのシャワー洗浄、ガーゼ

の交換と、通院以外は自宅から出れない状況でした。

実家が大阪で本当に良かったです!

毎日通院する事で、術後も不安なく過ごせました。

浜松に戻ってからも術後の経過が不安になった事があり、先生にメールをしました。

先生からの丁寧な返信で安心して今に至ります。

いきむのが怖くて、肛門出口から出しにくい時はありますが、排便コントロールと起立排便を実施中です。

本当に楽になりました!

再発しないよう大切にしますね。


こんなに患者さん思いで、熱心に治療してくれる先生は、篠原先生だけだと思います!

先生のお身体が心配になる程です。


私のように、辛い日々を過ごしている方は、一日でも早く篠原先生に診て貰って下さいね。

最後に、受け付けの美人なお姉さま、母の様に優しい看護師さん、ダンディな篠原先生、本当にありがとうござ

いました。


先生もお身体を大切にして下さいね。

                                〇  〇  〇  〇