検索
  • 篠原肛門科

ご夫婦  50代・40代  和歌山県御坊市

ご無沙汰しています。和歌山県御坊市在住の主婦です。その節は大変お世話になり、ありがとうございました。  振り返れば、夫婦で初診を受けたのが18年6月初旬、その場で「2人とも手術!!奥さんが40分35秒、旦那さん25分10秒の予定。誤差10秒以内。手術する、しないは本人の自由ですが、50年は大丈夫なようにします」って断言されました。 「ちょっと考えて後日返事します」共稼ぎなので仕事の都合もあり少し悩みましたが、あの自信に満ちた言葉を信じ、何より健保扱いだし思い切って2人とも時間差で手術を受ける事にし、妻が6月下旬私が7月中旬の予約を2日後にしました。 お互いの手術も無事終わり、その後片道2時間かけて2人揃って仲良く?通院。診察室では「おっ!御坊か?」看護婦さんや受付の方は「今日は奥さんと2人でないの?」スタッフ皆に冷やかされながら(手術中も通院診察中も待合室でも)軽い冗談ばかり言いながらでしたが、おかげをもちまして妻が9月に私は途中でサボり少し遅れましたが(延べ日数は31日)、2人とも無事卒業バッジとシールを頂きました。  手術まではもちろん術後も大変不安でしたが、日を追うごとに通院が楽しくなったのは、先生の技術と指導力は言うまでもありませんが、気軽に話しかけてくれた美人看護婦さん達、体格の良い?受付の方々が大変明るく和やかに対応しくれたからだと思いますが、一言で表現すれば「なんとも不思議な篠原肛門科」であります。今まで先生のようなお医者さんにはまずお目にかかったことがありません。明るく・楽しく・元気いっぱいの篠原肛門科です。(痔の治療が楽しいなんて夢にも考えられませんでしたが・・・)とにかく、痔でお悩みの方は是非「篠原肛門科」で受診される事をおすすめします。  「先生、必ずお礼メール書きます」って約束したので(約束なんかしていなくても絶対書きたくなりますが)、精一杯の表現力で書きました。それと口コミでPRしていますので、和歌山の患者さんが増えるかな?また、待合室の”天然水”飲みにいきま~す。  (追伸:みなさん書かれていますが、あの仕上げの強烈な”ぐりぐり”今となっては懐かしい思い出になりました。他にもたくさんの楽しい思い出がいっぱいありますが、先生ならびにスタッフの皆さん、これからもたくさんの悩める患者さんを助けてあげてください。)

【篠原院長より】  遠いところからご夫婦でよく通われました。ご苦労様でした。夫婦とも明るい方で楽しかったですね。特にご主人はいろいろなところで手術をされて私のところに来られた患者さんなので、治った喜びは大きいと思います。とにかく約束通り50年は大事にすれば大丈夫ですよ。(そんなに生きていないか。)。奥さんは脱肛と痔ろうをもたれていたのに弱音も吐かずよく頑張りました。やはり男性より女性のほうが強いですね。今度来られるときはみかんと梅干をお願いします。

0回の閲覧

大阪市 北区 天神橋筋六丁目 篠原肛門科