検索
  • 篠原肛門科

ジャズピアノ四天王セッション

先日、音楽仲間の古くからの友人と一緒に久しぶりにコンサートに行って来ました。 日本のジャズ界を代表する4人のピアニスト達のセッションです。 小曽根実、北野タダオ、田中武久、大塚善章と大御 所ばかりで、皆さんの年齢を合計するとなんと280歳というから驚きです。小曽根さんは大昔、大橋巨泉さんの11PMでハモンドオルガンを弾いていた頃を懐かしく思い出しました。ほとんど大昔と同じ顔のようでした。若いですね。本当にジャズマンは気が若いのか元気な方が多いような気がします。 それぞれのトリオやカルテットでの演奏、楽しい、昔を懐かしんでのトーク、映像を見ての即興の演奏など、あっという間に時間が過ぎてしまいました。特に、映像を見ながら雰囲気ぴったりの曲を即興で演奏されるのには、大変驚きました。プロはすごいですね。迫力があり、楽しそうに演奏される様子を見ていて、僕もこのままドラムを続けてゆき、あのようにいつまでも活き活きと輝いていたいものだと思いました。 今でも僕は輝いていますが・・・・。

2回の閲覧

大阪市 北区 天神橋筋六丁目 篠原肛門科