検索
  • 篠原肛門科

ビッグバンド ライブ

先日、ビックバンドのライブに行ってきました。トランペットをされている元患者さんが出演されており、総勢20名弱のバンドで、メンバーには必殺仕事人のクライマックスで 流れる「チャララー」で有名なトランペッターの宮岡信夫さんが出ておられました。お客さんへのサービスで例のメロディーを即興で演奏して下さいました。間近で聞くと本当に透き通った音色で、鳥肌がたちました。トランペットで高い音を出すのは難しいと聞きますから、即興でバシッと高音を決められるプロはすごいもんだと思います。食事が済むと、少しして演奏が始まり、ムーンライトセレナーデやシングシングシング、インザムードと聞きなじみのある懐かしいものが次から次へと演奏され、ボーカルも僕はよく知らない方でしたが貫禄があり、声にも迫力がありました。ワンノートサンバでは小さなマラカスでリズムを取りながら歌われ、僕自身も踊りだしたくなりました。あっという間の一時間半でした。コンボもいいですが、やはりビックバンドが僕は好きです。ビックバンドはドラムとファースト・トランペットがバンドの鍵になると聞きましたが、ドラムソロの場面では僕も体がウズウズしました。あんな風に叩けたらさぞ気分が良いと思います。僕ももっと、ドラムの腕を磨いていつは・・・と思いました。 お客さんには、阪神の仲田選手が来られおり、びっくりしました。なかなかの男前でしたが僕にはかなわなかったです。

0回の閲覧

大阪市 北区 天神橋筋六丁目 篠原肛門科