検索
  • 篠原肛門科

女性 50代 東住吉区

2007年10月26日手術を受け、昨日先生から卒業バッチを頂き終了いたしました。 先生・看護婦さんそして、事務の皆様、大変お世話になりました。皆様の笑顔に支えられ無事卒業いたしました。 綿花やガーゼ、飲み薬等の追加はありませんか?と幾度も聞いていただきいた事務の皆様。躊躇することなく購入することができました。 又術後の痛みのあるときは「良くなるときがきますから、頑張って~」と励ましもありました。 いつも笑顔で「どうですか~」と必ず声をかけてくださった看護婦さん。術後の痛みがあるときも「大丈夫よ!良くなるよ!順調!順調!」と声をかけてくださいました。私はこの「順調!」という言葉がとても励みになりました。 最後になりましたが、いつも大きな声と笑顔で色々聞いていただいたり、こうしたらいいよ・ああしたらいいよとアドバイもいただいたり、診察のときのお尻「パンパン」が気さくで、こちらまで笑いが出てしまうような安心感の元。楽しい診察を受けさせていただきました、篠原先生。 お世話になり、ありがとうございました。 今、痛みを辛抱し、どうしようかと悩んでおられる方へ まずは篠原肛門科に行ってみてください。 手術が必要であれば手術を行ってください。 今まで悩んできたことがウソのようになりますよ! 卒業バッチ大切にします~~~

投稿者:shinoken0704

お疲れさまでした。途中膝の痛みが再発し(リウマチ?)激痛のときもありましたがよく頑張りました。これからもお尻を気にしながら、あと40年持たせてくださいね。しばらくは下剤に頼って、肛門に負担がかかっていないと思われたときには、徐々に下剤をやめるように努力してください。全治おめでとうございます。

2008/02/23 14:35:29


投稿者:スタッフより

お疲れ様でした。卒業される時の笑顔は、院で見せて頂いた中でとびきりの笑顔でしたね。こちらまで嬉しくなりました。本当にご卒業おめでとうございます。これからはお尻バンバンがなくなって何か物足りなさを感じる時は、それは嬉しいの裏返しですよね。これかも、おしりを大切になさってくださいね☆

2008/02/24 23:51:07


投稿者:スタッフより

ご卒業おめでとうございます。気長に通院され心からの肛門 科解放の喜びの言葉をお聞きできて大変うれしくおもいます。お尻ドラムの響もいい音いいリズムで鳴り響いてましたよ。ドラム恋しくなったら顔をみせにきてくださいね。

2008/02/27 23:20:49

8回の閲覧

大阪市 北区 天神橋筋六丁目 篠原肛門科