検索
  • 篠原肛門科

女性 30代 北区

篠原先生、看護婦さんの皆様、大変お世話になり有難うございました。 卒業バッジを頂いて、はや2週間近く快適なトイレLifeを送っています。ほんとトイレにかかる時間が短くなりました。あ~手術してもらって良かった!っと実感しています。 5月中旬に手術して頂いてから2ヶ月弱、あっという間でした。先生、看護婦さんが明るく元気で、手術中も明るい雰囲気にビックリしましたが、そのおかげで神経質にならずリラックスできました(手術中は看護婦さんの手をぎゅっと握り、痛みは看護婦さんの方に流れていったのでは・・・ごめんなさい)。普通痛みがあると暗くなりがちですが、通院していると同志?!の患者さん達もいろいろと状況を語ってくれ「今は、2~3週間目もう痛ないわ。」とか、「下剤は何錠飲んでる」など、それもまた励みになりました。先生のお人柄が院内に充満しているのです。 私は、比較的痛みも楽だったのかなぁと思っています。痛いイメージをかなり膨らましていましたから、実際が楽だったのでしょうか。 喜ぶべき副産物もありました、排便時の痛みを和らげるには、食事をよく噛み消化をよくするのが良いのではないかと考え、牛のように噛みまくり、ナント顔やせに成功しました。筋肉を使うようになったんでしょうね。 こんなにいい事ばかりでいいのでしょうか! しか~し、先生お体にお気をつけくださいね。たくさんの患者さんが待っていますので、ゆっくりも出来ないでしょうが。万が一、私が何十年後かに痔になった時にまたお世話にならなくてはいけないのですから。 本当に有難うございました。

【篠原院長より】 術後そんなに痛がりもせず通院された元気な女性でした。患者さんが明るいとこちらもよけいに明るくなりますね。商店街であったらコーヒーでもおごってください。明るく・楽しく・元気よくがんばりましたね。

0回の閲覧

大阪市 北区 天神橋筋六丁目 篠原肛門科