検索
  • 篠原肛門科

女性 40代 脱肛

篠原先生ご無沙汰しております 去年の今日1月19日に「大きな痔」を手術して頂いた「○○」です。 早いものであれから1年経ちました。先生は相変わらず毎日多くの患者さんを診察されている事と思います。私もお陰さまですっかり気持ち良く毎日生活させて頂いてます。完治まではどうなるんやろか?不安でしたが今はあの「苦しみ」が嘘のようです。手術日が同じだった○○おばあちゃまもお元気そうで今年年賀状を頂きました。数年間苦しみなかなか病院へも行く勇気がなく、やっと決心をつけてHPで篠原先生の病院を見つけて初めて来院した時、患者さんの多さに驚かされたのが思い出されます。今悩んでいる方が相当多くいらっしゃると思いますが早く治療される事を願います。 この一年間何回か「硬いうんち」で苦しみましたが薬を多く飲んで解決しています。先生が「便秘」には気をつけやーとおっしゃった意味がよくわかりました。薬とは一生のお付き合いになりますが痔の苦しみから考えると比較になりません。 毎日お忙しいと思いますがお体を大切に、3人のそれぞれの看護婦さん受付の皆様によろしくお伝え下さい。また、来院することはないと思いますが万一お世話になる時はよろしくお願い致します。

【篠原院長より】 とても歳の割には大きな脱肛でしたね。直腸の一部も脱出して、診た時はびっくりしました。この1年間無事に過ごされて安心しました。後何十年間は大事にしてくださいよ。お子さんにも注意をしてください。よく頑張りました。

3回の閲覧

大阪市 北区 天神橋筋六丁目 篠原肛門科