検索
  • 篠原肛門科

宮岡信夫コンサート

先日、患者さんでトランペットプレイヤーのFさんにお誘い頂き、ブルーノートのコンサートに行ってきました。 宮岡さんは関西を代表する名トランペッターで、11月に60歳の誕生日を迎えられるそうで、その還暦を祝してのコンサートでした。8つほどのバンドが順番に演奏される形で、映画音楽の黒いオルフェをハーモニカの徳永さんが情感たっぷりに演奏されたり、ボーカルの方も沢山出演されました。途中では知人の方が飛び入り参加され、宮岡さんの還暦のお祝いの気持ちをこめてしっとりと歌われました。最後はビックバンドで、A-TRAINやWAVE、IN-THE-MOODなどの名曲も演奏され、おなじみの必殺仕置人のイントロの 《チャララーン》メロディーを高らかに吹かれると、場はぐっと盛り上がりました。何回聞いても迫力のアル音色には感心し、宮岡さんの気さくで楽しいお人柄が出て、とても暖かい感じのコンサートでした。 僕も数十年後?には宮岡さんと同じ年になりますが、いつまでも元気で、楽しくやっていきたいと思います。

2回の閲覧

大阪市 北区 天神橋筋六丁目 篠原肛門科