検索
  • 篠原肛門科

男性 30代 城東区

お医者様から「もう来なくてよい」と言われて寂しくなることなんて本当にあるんですね。患者様の数々の感想が嘘ではないと、私も断言します。 本日、卒業を言い渡されました。 11月中旬、東京出張の新幹線で座れなくなり、篠原先生の病院に飛び込みました。 手術は覚悟していましたが、かなり深いところに大きな痔ろうがあると言われ、ショックを受けたこと思い出します。 手術中には「ウ○チが出ます!ウ○チが出ます!」と大騒ぎし、大変にご迷惑をお掛けしました…。 直腸に指が触れると、ウ○チが無くてもそんな感覚になるんですね。人体の不思議を知った瞬間でもありました。 手術そのものは1時間弱で完了でしたが、注射・メス・縫うという初めての感覚に緊張しっぱなしの1時間でした。 手術の感覚以上に、手術した夜のスープとバウムクーヘンの味は忘れません。あと、ジャズ一色のはずの病院内に、実は夜、演歌が流れるということも…。 これまで座れて当たり前、排便できて当たり前だったお尻ですが、今後は大事に大事に生活したいと思います。 「排便→風呂→ガーゼ作り→下剤」の日々は、もう面倒です(笑)。 これからも3ヵ月に1回くらいは、何もなくても検査に伺おうと思います。早めに発見できた方がいいですし、先生や皆さんにもお会いしたいですし。 2ヵ月半という短い間(?)でしたが、本当にお世話になりました。 今後とも弊社のマスコットキャラクターともども私の担当番組もよろしくお願い致します。 日曜の午前11:30から放送してますんで、是非一度見て下さいまし。 先生、一度ジャズ番組やりましょう!

投稿者:shinoken0704

某テレビ局のディレクターのかたで結構深くて、時間がかかった痔ろうの手術でしたね。手術中○○○が出る出ると何回も騒がれていた事はよく覚えていますよ。どうしても大きな手術の場合にはよく皆さん騒がれます。しかしあなたほどギャーギャー言ってた人は記憶にはありませんね。楽しい手術でした。とっても気持ちが悪いんでしょうね。よくわかりますよ。

2年前、某テレビ局で痔の話で出演しましたが、やはり緊張した事を覚えています。ぜひ次回は私の趣味のジャズをメインにした番組を作って下さい。いつの日か楽しみに待っています。もちろん私が主役ですよ。

   

 ・・・・よく働きよく遊ぶジャズ大好きな町医者・・・

2008/02/23 14:49:35


投稿者:おのぼりさん

ご卒業おめでとうございます。良くなられて本当によかったですね。私たちも嬉しいです。でも残念なのは、私が不在の時にご卒業を迎えられた事です、直接おめでとうございます・・・をお伝えしたかったです。これからもおしりをいたわってあげて下さいね。^V^

陰ながら視聴率を上げるべく応援させて頂きます。

2008/02/24 23:30:59


投稿者:スtッフより

ご卒業おめでとうございます。風貌がいかにもディレクダーという感じのかたでしたね。マスコットとてもかわいく大切にもっています。風貌とは反対のマスコットみたいなやさしい少しシャイな感じのかたでした。ときどき検診にきてお尻大切になさってくださいね。

2008/02/27 23:36:14


投稿者:スタッフB子

遅ればせながら・・・ご卒業おめでとうございます~☆

○○るくん、個人的にずっと以前から大好きなキャラクターでした(^^♪

今でもテレビで○○るくんを見るたびに、「お元気にされてるかしら~?」と思い出しております。


いつまでもお尻を大切に、益々ご活躍されることをお祈りしています(*^。^*)

ずっとずっと応援してますからね~(^o^)/

2008/04/08 23:52:20

0回の閲覧

大阪市 北区 天神橋筋六丁目 篠原肛門科