検索
  • 篠原肛門科

男性 40代 中央区 (香港)

先生の病院で手術を受けました○○○です。 今の私は、「先生のホームページを拝見してよっかた、先生と出会いましたよっかた」と、思いながら、毎日を楽しく過ごします。「痔はバイバイだ」という気持ちでございます。 私は在日中国人向けの新聞「華人週報」の記者です。就職から以来、約十年間日中友好、普通の中国人と日本人の相互理解を深めるために、仕事をしてきました。今後、先生の恩義を動力にして、もっと頑張っていきたいと思います。 私は日本語で下手ですから、感謝の気持ちをうまく伝えるかどうか、わかりません。一語でいえば、治療を受けるまえの生活と受けた後の生活、全然違います。手術を受けまして、痔のない生活の幸せをはじめて味わいました。先生の恩義を一生忘れません。 受付のお姉さんたちと看護婦さんたちは、とてもやさしいです。受付のお姉さんたちと看護婦さんたちにも感謝しなければなりません。 有難う、先生!有難う、篠原病院!

投稿者:shinoken0704

手術までに数回メールのやりとりをしましたね。日本と香港を行き来されていたそうで、さぞや手術が不安だったと思います。手術は直腸粘膜も脱出していて立派でした。長い間持ちすぎた感じがしましたよ。術後はいつも美人の奥さんと一緒に処置室まで入られていたのが印象的です。日本人ではありえないと思います。大変仲のいい二人でしたね。いつも目をむいて処置を受けられていたのは面白かったです。これからもお尻を大切に日中友好に頑張って下さい。お疲れ様でした。

2009/08/26 22:11:37


投稿者:スタッフより

手術の前後はとても心配そうな表情で奥様に寄り添い頼り切った様子でした。日にちがたつにつれてだんだん柔らかな表情にかわりスタッフとの会話も奥様ひとりからご本人様も参 加されよくなられてきたのだなあと実感いたしておりました。完治され これからは存分にお仕事にがんばってください 九月に香港マカオに旅しましますが香港のお話もお聞きしたかったなとちょつぴり残念です。今後も日本と香港の架け橋として尽力されることを応援しております。

2009/08/28 12:07:27


投稿者:スタッフより

完治おめでとうございます。

受付で あと一回といわれました と満面の笑顔で話されていたのをよく覚えています。本当に嬉しそうで、こちらもうれしくなりました。これからも ますますご活躍される事を祈っております。おしりはくれぐれも大切に☆

美人の奥様にもよろしくお伝え下さい。

2009/08/29 07:15:24

14回の閲覧

大阪市 北区 天神橋筋六丁目 篠原肛門科