検索
  • 篠原肛門科

男性 60代 東淀川区

篠原先生 長い間ありがとうございました。 本日やっと、通院終了卒業バッジを頂きました。  若い頃より、痔病のあることはわかっていました。そしていずれは手術をすることになるのでは?...と思いながらも、羞恥心と術後の痛みの恐怖心から診療を受けるのをためらい、市販の軟膏・座薬に頼ってきました。 一年また一年と受診治療を先延ばしにした結果、気が付けば、30年経過...。 (今思えば、悪化させるだけの無駄な時間でした) 還暦を目前にして、排便後の煩わしさに耐えるのも、もはやこれまでと、ネットで肛門科情報を色々と調べた結果、篠原先生のお世話になることに決めました。 診察のあと、”手術やなッ”の一声、”治りまっか?”の問いに”大きいから...時間はかかるけど...治る...!”と言われて手術を受けることにしました。(内心は術後の痛みの恐怖に慄いていました。) 術後しばらくは、何かと煩わしい鬱陶しい時期もありましたが、ひたすら回復を信じ(神様仏様、篠原先生を信じて)通院を続けました。 お陰様で今は、おしりの不快感煩わしさから解放されました。何故もう少し早く(一年でも一日でも早く..)受診治療をしなかったのかと深く反省しています。 そして通院中、美人揃い(いずれが菖蒲か杜若?)の看護師・受付スタッフの皆様には、何かと励ましを受けたりお世話になり、ありがとうございました。感謝しております。 末尾ながら、篠原先生におかれましては、これからもお体ご自愛下さる様、祈念致します。 本当にお世話になりました。 PS:男前のジャズマン・ドラマーとしても、存分にご活躍下さい。

投稿者:shinoken0704

全治までよく頑張りました。30年間お疲れ様でした。長いこと患っていた方の言われる事はほとんど決まっていますね。出血がなかった・すぐに手で押すと元に戻る・痛みがなかった。このような答えがほとんどですけれど、本音はやはり手術が怖いのが一番ではないでしょうか。みなさんもっと早く手術を受ければよかったと必ず言われます。今後はトイレに30分も入らないで、新聞も読まないで、雑誌も読まないですぐに出てくる練習をして下さい。注意すればあと30年は持つと思います。私と同世代まだまだ頑張りましょう。お疲れ様でした。

2008/01/22 14:25:11


投稿者:おすましさん

ご卒業おめでとうございます。きれいなおしりを取り戻されて本当に良かったですね。美人に男前?いつも紳士の○○さんは通院中にお世辞も大変お上手になりましたね。

これからはおしりを大切にプライベートもおおいに楽しんで下さい。

2008/01/23 18:38:30


投稿者:スタッフより

ご卒業おめでとうございます。長い間大切に?もたれてたいへんでしたね。でもドアをノックするのは勇気がいりますよね完治されされたら悩んでいた事がなんだったんだろうとおもいますね。。六十代なんてこれからです。おおいにたのしんで人生謳歌してくださいね。(お尻のこと気にせずにすみますからね。)たのしいプライベートの様子もお知らせください。おつかれさまでした。

2008/01/23 22:45:37


投稿者:菖蒲??

30年間育て続けた痔から開放され本当に良かったですね。ご卒業おめでとうございます。長く持たれてた分大変だったと思います。お疲れさまでした。トイレは短く!!を30年間は守って下さいね。これからはお尻を大切にして人生エンジョイしてください。

2008/01/24 22:47:03


投稿者:恥ずかしがりの杜若

ご卒業おめでとうございます(^o^)

30年も持ってらしたんですか~☆ さぞかし大変だった事とお察しいたします。

でももう「美しいお尻」を取り戻されたんだし、これから思う存分 色々なことを楽しんでくださいませ。

○○さんをはじめ、回復に向かっていかれる患者様達の笑顔が 私達の励みです(*^。^*) 

2008/01/26 00:12:48


投稿者:スタッフ②号より

手術とと言われて、すごく迷われていましたね

やっとの決心。。。。でしたね

2月の娘さんの結婚式、きれいなお尻と共にバージンロード

歩いて下さい。

☆卒業&ご結婚おめでとうございます☆

2008/01/28 22:20:52

7回の閲覧

大阪市 北区 天神橋筋六丁目 篠原肛門科