検索
  • 篠原肛門科

50代  女性  東大阪市  術後3週間目

術後三週間目 先生、いつもありがとうございます。 日毎に楽になり仕事も普通に出来るまでになりました。排便の怖さはもうすっかりなくなり、毎日先生お薦めの起立排便法を実行しています。 この起立排便法、この医院に来るまで全く知りませんでした。学校の保健体育の授業でも習ってないし、親に教えられたこともなく、朝は排便があるまでトイレで何分も座って頑張るのが日常でした。 考えてみればこれが痔をますます悪化させていたんですね。 最初この排便法のポスターを見たときにはビックリでまさか!と思いましたが習得するとまさに!でした。 世の中にはこの排便法を知らない方がほとんどではないでしょうか。 どうにかしてもっともっと広まって欲しいと願います。 仕事が立て込み数日間通えませんが先生のご指導をちゃんと守り毎日肛門マッサージを続けておきますね。

投稿者:shinoken0704

起立排便法は僕が手術をした人しか知りませんよ。僕が考えたんですから。ネーミングも たちうんこ 立ち便 などいろいろ考えましたが起立排便法におさまりました。最初は文章だけでしたが、たまたまイラストレーターの方を手術をしたときにお礼にイラストにしてくれました。卒業の時に皆さんにお土産としてあげています。楽しみに最後まで頑張ってください。

2016/03/10 22:47:45


投稿者:患者A

そうだったんですか。

先生、まさにお尻の神様。

こんなにすごいことなのに一部の人しか知らないなんて勿体無いこと。医学学会などで発表されたりはないのでしょうか。

乳癌、子宮頸癌などはここ数年で新しい活動やネットワーク、ワクチンなどテレビで取り上げられることも多くなりましたが

お尻のことはあまり目にすることもなく、また人に聞くことも出来ず悩んでいらっしゃる方は多いかと。

どうにかパソコンが使える年代の人は情報を得ることが出来ますが、

まだまだ使えない人が多いのが現状です。

「痔」というものが恥ずかしいものではなく、けっこう当たり前みたいな時代になればいいですね。

この病院の待合室はそんな感じですものね。


「起立排便法」ネーミングはこれで良かったです(⌒-⌒; )

2016/03/11 00:57:34


投稿者:スタッフ

報告の回を追う毎に 回復の様子が伺われ 真面目に先生の指導を実践 治療に一生懸命な患者様の様子がよくわかります。

この調子で 最後まで頑張って くださいね。

応援しています。

2016/03/16 22:39:57

59回の閲覧

大阪市 北区 天神橋筋六丁目 篠原肛門科