検索
  • 篠原肛門科

40代 女性 交野市 嬉しいです❤


  小さい時から便秘で、薬を飲むのに抵抗があり1週間便が出ないこともあるくらいでした。

その為、19歳ごろから時々イボ痔が出るようになり、出産時、後に悪化して病院で1回受診、あとは市販薬などで対応していました。


 40歳代になると体調不良、生理前ですぐ痔がでて痔の戻りが悪くなり排便の後に拭き取りに時間を要す事となりました。(拭いても拭いても便がつく)朝の忙しい時にイライラするし、痔と共に一生過ごすのにうんざりして、名医と聞いていた篠原肛門科を訪れました。

 大きい病院だとDrに当たり外れがあるし実験台も怖いです。件数をこなしている先生なので、多少古いですが..(すみません)身を任せて手術に臨みました。


痔の手術3日後に痛みが出てきて、変な歩き方をしてたら階段から足を滑らせて下まで落ち、打撲と術後の痛みに苦しんで、その後コロナの濃厚接触者になり、通院ができなくなり自宅でコロコロしていると自然に抜けていくはずの縫い糸も外れず、糸が皮膚にめり込んでいき痛く、色んな災いが重なり一時は手術したことを後悔しました。

ですが、階段から転落したときは診察日数の調整や、濃厚接触者の時は薬の手配や郵送までして頂き親身になって対応していただきました。病院休診もあり、人よりだいぶ長く通いましたが約半年でようやく卒業でき、今では手術の決断は良かった思っています。朝の排便も拭き取りもスムーズでノンストレスです。

ウォッシュレットも痛くないです。嬉しいです。


先生、スタッフの皆様、ありがとうございました。    〇 〇  〇 〇 〇



273回の閲覧5件のコメント