検索
  • 篠原肛門科

50代  男性  大阪市  プロダイバー



とうとう先生から卒業を言い渡されたその日、初めての通院からほぼ6ヶ月。手術からは5ヶ月も経っていた。思えば雪の降る寒い日や、冷たい雨に傘をさしながら、痛いお尻でとぼとぼ歩いて通院した日々。それが今では、桜の花もとっくに散り、新緑にツツジの咲く季節となっていた。最初は、手術さえしてしまえば、あとは良くなるばかりと思っていた。術後の退院時に、一緒に手術したNさん(かわいい女性)が円座を指差し「あれいいですねえ」と言ったとき、私は、「もう治るねんからいらんやん」と言った。しかし、退院から2日後から排便時の激しい痛みが始まり、当時を記録した手帳には「痛みが増す。排便が恐怖」と書かれている。排便の痛みを数値化するならレベル10激痛である。(全く痛みなしが1とする)この状態は、約1週間続き、この間が一番つらかった。普通、この時期は毎日通院で、土日の休みも無く皆通うことになっているが、疲労とストレスのためにいけない日もあった。しかし、この頃の排便後の入浴は非常に気持ちよく、お尻にも非常にいい。1日に3回は入っていた。(以後、今日まで入浴を欠かした日はない。)しかし、いつの間にか便が漏れ、湯船の下に少し漂っていることもあった・・・・。この頃は、おならと便の区別がわからず、思わずもれてしまうことが何度か有り、痛いやら情けないやら・・・・。やがて術後2週間が過ぎ(排便の痛みレベル7)、仕事に行く日がやってきた。職場は海の中だ。海底世界の素晴らしさに魅せられた、数名のゲストを案内し潜らなければならない。正直にゲストや船長、その他関連のスタッフには痔の手術をして間がないことを打ち明けた。皆、痔という病気は知っていても、なった人しかわからない、悩みや苦痛を面白おかしく伝え、笑いを提供する代わりに、重たいダイビング器材の運搬などは免除してもらった。当初、先生も心配したが、海の中の無重力のおかげで、陸上で座ったり歩いたりするときと比べ、ほとんど痛くない。この分ならバンバン潜れそうだが、海までの片道数時間、車の運転が冷や冷やだった。円座が無ければ行けなかっただろう。やがて術後1ヶ月、私の場合は治癒していく傷口が弱弱しく、先生には「薄い」、看護師さんには「いたそう」とよく言われた。(この頃の排便の痛みレベルは5)術後2ヶ月で痛みレベルは3。 このころロードレーサー(自転車)のサドルに何とか座ることが出来るようになったが、まだ1キロぐらいしか続けて乗ることはできなかった。ママチャリの柔かいシートなら5キロは行けただろう。しかし、精神的には、他の患者さんは良くなってそろそろ通院も終了と言うこの時期に、まだまだかかりそうで、赤く剥けたような自分のお尻を考えると、かなり憂鬱な日々が続いた。もう綺麗なお尻の穴に戻れないのだろうか??私の場合、普通の人なら通院間隔が長くなるこの頃も、2日に1回の割合で通い、早く良くなりたいとがんばった。やがて、直りの遅い私のお尻も少しずつ回復し、無事通院終了の日を迎えた。同時に手術をした2人はとっくにその日を迎えていたはずだ。早く終わらせたいと願っていた自分だったが、先生から「後2回でおしまいやな」と言われたとき、少し郷愁のような不思議な感覚が湧いてきた。既に術後4ヶ月を過ぎ、この頃はさすがに通院間隔も1週間になっていたが、最後の2回は、初めの頃を思い出したり、少し複雑だった。待合室には術後すぐで不安な患者さんや、痛そうにしている(もちろんそれを我慢している)他の患者さんが目に付くたびに、「オイラもあんなんやったなあ」と感じたりもした。長く通ったのでいろんなことがあったが、ある日、先生が杖を突いて出てきたときにはちょっとビックリした。足の小指の中足骨を骨折したらしい。酔っ払って・・・。笑ってはいけないが、ちょっと可笑しかった。しかし、篠原医院は先生あっての医院。日曜日でも、術後まだ日の浅い患者の為に診察する。この日の待合室は、混雑しているファミレスの待合のように、名前を書いたり、線で消したり、患者用の受付の紙が置かれている。看護師さんは居ない。先生一人、忙しく動き回り、時々待合室に出てきては雑談する。しかも、その日の診察料はツケで患者は帰る。ちょっと他ではありえない病院だろう。たとえるなら、古き良き、昭和の雰囲気を残した病院だ。先生や看護師さんとはいろんな話をしたが、主に治療とは関係のない海の話だった。たまたま、海にまつわるいろんな事件が次々と起こったのでなおさらだった。もちろんお尻の話もしたが・・・。とにかく長かった通院も今にしてみれば不思議と楽しく、なんだか会話のやり取りも懐かしい・・・。そんな、先生とスタッフの皆さん。長い間ありがとうございました。これからは綺麗になったお尻の穴で、綺麗な海に潜ります。今度は海で会いましょう!!                     ○ ○ ○ ○

投稿者:篠原憲次

激痛ばかりお疲れ様でした。カルテを見直しても無茶苦茶大きな痔核ではなかったのですが。どんなに大き手術でも小さな手術でも痛みに関してはなかなか予想はつかないですね。まあ性格でしょうか。痛みに関してはピンきりです。根本手術で痛みがないと言うことはないですから。私は本や他の医院のホームページにによく痛みはないですと書かれているのを見ますが私は患者さんに聞かれると痛いですと答えています。本音です。まあとにかくよく頑張りました。、大事にしてください。

一度いつかアクアラングしてみたいと思っています。そのときはやさしく指導してくださいよ。よろしくお願いします。綺麗な写真又送ってください。

2014/05/18 23:03:49


投稿者:Ns.J

ほんとうにお気の毒なくらい痛そうな通院でしたね。

少々(?)日数はかかってしまいましたが、最後まできちんと来られて見事卒業となり、ほんとうによかったですね。

おめでとうございます。

ちょうどこれからの季節、心おきなくダイビングを楽しんでください!

2014/05/19 16:51:47


投稿者:スタッフD

ご卒業おめでとうございます!大変だったと思いますが美しい海に潜れるようになられ本当に良かったですね♪

これからもきれいな海で楽しんで下さい。

2014/05/19 21:00:47


投稿者:スタッフ k

卒業おめでとうございます\(^_^)/

ジンベイザメですか?沖縄でしょうか?

いつも素敵な写真で癒されます(*^^*)

これからは思う存分ダイビング楽しんで下さいませ(*^^*)

お疲れ様でした(^^)v

2014/05/19 22:21:51


投稿者:スタッフB

ご卒業おめでとうございます。

よく真面目に頑張られました!大変だった分ご完治の喜びは

ひとしおですね。綺麗になられたお尻を大切に

お仕事もプライベートも頑張って下さい。

(私もダイビングには興味ありですが未経験です)笑


本当にお疲れ様でした☆

2014/05/20 07:41:36


投稿者:スタッフM

ご卒業おめでとうございます。

長くかかってしまいましたが、完治までよく頑張りましたね。


美しい海で身体もお尻も癒されて下さい

お疲れさまでした‼

2014/05/20 14:39:16

0回の閲覧

大阪市 北区 天神橋筋六丁目 篠原肛門科